気ままに絵日記と水彩画を描いてます。 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

世界一有名な社説




xmas_moomina.jpg






1897年、ニューヨーク サン新聞へ8歳の女の子からこのような手紙が届きました。

「こんにちは、しんぶんのおじさん。
 わたしは八さいのおんなのこです。
 じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。
 パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、
 ほんとうのことをおしえてください。
 サンタクロースはいるのですか?
 ヴァージニア・オハンロン」


この小さな女の子からの手紙に対して、ニューヨークサン新聞の記者であるフランシス・チャーチは社説で以下のとおりに答えました。
この社説はアメリカ全土で感動をよび、今では世界で一番有名な社説となっているそうです。





ニューヨーク・サン新聞 1897年9月21日 社説欄

ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。自分のわかることだけが、ぜんぶだと思ってるんだろう。でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、何もかもわかるわけじゃない。この広いうちゅうでは、にんげんって小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。


 じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、そういうものがあふれているおかげで、ひとのまいにちは、いやされたりうるおったりする。もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごくさみしいことなんだ。サンタクロースがいないってことは、子どものすなおな心も、つくりごとをたのしむ心も、ひとを好きって思う心も、みんなないってことになる。見たり聞いたりさわったりすることでしかたのしめなくなるし、世界をいつもあたたかくしてくれる子どもたちのかがやきも、きえてなくなってしまうだろう。


 サンタクロースがいないだなんていうのなら、ようせいもいないっていうんだろうね。だったら、パパにたのんで、クリスマスイブの日、えんとつというえんとつぜんぶを見はらせて、サンタクロースをまちぶせしてごらん。サンタクロースが入ってくるのが見られずにおわっても、なんにもかわらない。そもそもサンタクロースはひとの目に見えないものだし、それでサンタクロースがいないってことにもならない。ほんとのほんとうっていうのは、子どもにも大人にも、だれの目にも見えないものなんだよ。ようせいが原っぱであそんでいるところ、だれか見たひとっているかな? うん、いないよね、でもそれで、ないってきまるわけじゃない。世界でだれも見たことがない、見ることができないふしぎなことって、だれにもはっきりとはつかめないんだ。


 あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音をならしてるってことがわかるよね。でも、目に見えない世界には、どんなに力があっても、どれだけたばになってかかっても、こじあけることのできないカーテンみたいなものがかかってるんだ。すなおな心とか、あれこれたくましくすること・したもの、それから、よりそう気もちや、だれかを好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、そのむこうのすごくきれいですてきなものを、見たりえがいたりすることができる。うそじゃないかって? ヴァージニア、いつでもどこでも、これだけはほんとうのことなんだよ。


 サンタクロースはいない? いいや、今このときも、これからもずっといる。ヴァージニア、何ぜん年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはいつまでも、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。


引用元 青空文庫
日本語訳 大久保ゆう







Merry Christmas!


   00:00 | Top
 
 
プロフィール

おーるっち

Author:おーるっち
国籍:日本
住所:東京
性別:♂

見たもの感じたものを気の向くままに絵日記にしていきます。
更新は超スローペースでまったり。
ちなみに上の画像は犬っぽいけど猫です。誰がなんと言おうと猫。うん。きっと猫。犬っぽい猫。というか犬。じゃなくて猫。
もうどっちでもいいや~(爆)

ご注意
※当ブログの画像や文章の無断転載・転用などはご遠慮くださいますようよろしくお願いします。
メールはこちらからどうぞ
お名前は、HNやPNでもOKです。 返信が必要な方はメールアドレスを忘れずにお願いしますm(_ _)m
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のトラックバック
ブログ内検索
 
カテゴリー
最近のコメント
LINK
RSSフィード
Amazon検索
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。