気ままに絵日記と水彩画を描いてます。 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

 「好きです!」





そういう問題じゃない。




スポンサーサイト
   23:01 | Trackback:0 | Comment:0 | Top
   00:00 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

「人」という字は……




A「人という字はお互いが支え合ってできているんだよ!」



B「ど、どういう意味なんですか?」



A「人は一人では生きていけない。
生かし生かされてるという意味なんだ」



B「いまいちイメージがわかないんですけど」



A「分かりやすく図にして説明しよう! これだ!」




s-hito01.jpg




A「上の図を見れば分かるとおり、人は互いに支え合って生きているんだ」



B「あの~」



A「なんだね?」



B「あきらかに左の人が楽してるように見えるんですが?」



A「えっ?」



B「それに言いにくいのですが、
  ポーズ的にも無理があるというか……」



A「……そ、そうか(汗)」




C「ちょっと待て!」



A&B「!?」



C「Aよ。おまえの言説を黙って聞いていたがそれは違うぞ」



A「なにぃ?」



C「人という字の意味はそうではないんだ!」



A「なんだと! じゃあ納得のいく説明をしてもらおうか!」



C「ああやってやるさ」



A「俺を納得させることができなかったらどういう目にあうか分かってるだろうな?」



C「ふん! 黙って聞いてろよ。世界の富裕層2%が富の51%を独占しているということは知っているな?」



A「バカにするな! そんなの知っているさ!」



C「ふふふ。つまりこの世界は持つ者と持たざる者に分けられ、
  持たざる者は搾取されているんだよ」



A「だからなんだというんだ!」



C「人という字にもそれは表れているんだよ!」



A「なっなにぃ?」



C「分かりやすく図にして説明するぜ!」





s-hito02.jpg





A「こっこれは!」




C「そう。人という字はな……今の世界の現状を表した文字だったんだよ!」




A「ど、どういう意味だ!」





C「文字を創った太古の人たちは、地球の未来を “人” という字を使って予言していたんだ!」




A「なんだと?」





C「大勢の労働者の上に一握りの権力者があぐらを描いて座っている。そんな地球の現状を端的に表現したのがこの文字なんだよ!」




A「なっ、なんということだ……。この文字にそんな意味があったなんて……。Cよ俺の負けだ」
(↑こんなんで説得されるな(笑))



C「出直してこい!」





B(何か二人で盛り上がってるけど、人の字の本当の由来は“立っている人を横から見た象形文字”なんだけどなぁ)



完(笑)






実際はこんな感じ?
s-hito03.jpg



   00:00 | Trackback:0 | Comment:0 | Top

あの夏の日、僕はパンをあれするやつと出会った ~改訂版~

いきなりですが、皆様はこれの名称が何かご存知ですか?
よく「パンの袋留め」なんかに使われるプラスチック製の留め具です。

0003.jpg

すごく身近にあるのに、意外と名称を知らない人は多いのではないでしょうか。

これは名称を
「パンをあれするやつ」といいます。

じゃなくて、
これはクロージャーといいます。


僕自身もブログ友達の桃のこころさんから
クロージャーという名称を教えてもらったのでした。
その節はお世話になりました(笑)


ここでちょっと話は変わりますが、
道ばたに落ちている小銭は「ツキ金」といって、
拾って大事にしてあげると、持ち主に幸運を運んでくれるんですって。

なぜだか分かります?

ある富豪はこんなことを言っています。

一円のお父さんは十円です。
十円のお父さんは五十円、
五十円のお父さんは百円、
百円のお父さんが五百円、
五百円のお父さんが千円、
千円のお父さんが五千円、
五千円のお父さんが一万円……。



道ばたに落ちている小銭。
例えそれが一円であろうとも、
拾って大事にしていると、親が喜んで挨拶に来ちゃうと……。

それがどういう意味か……分かりますよね(笑)

ふっふっふっ(笑)

ま、まあ(汗)それはともかくとしても、
お金は大事なものですから、どんな小さなお金でも無下にしないで
大切にする心はとても尊いことだと思います。

さて、先日そんなことを考えながら道を歩いていたのです。
そしたら、こんなものを拾いました。

S070513_0817~0001.jpg



パンをあれするやつです。

クロージャーです。


落ちているお金が「ツキ金」ならば
落ちているクロージャーは「ツキクロージャー」でしょうか?

お金を拾って大事にすると、金運アップ。
クロージャーを拾って大事にすると……どうなるのでしょうね?


いや、そうでなくてもクロージャーとは何かと縁がある僕です。
(パン大好きですし(笑))
拾って大事にしてやろう。
そんなことを思い、そのクロージャーを大事にポケットにしまいました(笑)



……。



その日の夜、こんな夢を見ました。




「おーるっちさん……。僕を大事にしてくれてありがとう……」
P370021.jpg





……はっ!?
な、なんだ今の夢は……。
よく分からない生き物がしゃべっていたような……。
あれはパンをあれするやつクロージャー……?




なぜだか気になった僕は、昨日拾ったクロージャーを
寝ぼけ眼に確認してみました。



すると……、






な、なんだコレ……。
ま、まぶしい……。
クロージャーが光ってる?
070513_0239~0001.jpeg


うわあぁぁぁ!
V070513_0814~0001.jpg





!?



うっ、嘘だろ……
クロージャーが……













でっかくなっちゃったー!
dekkaku.jpg

D07513.jpg




mugon02.jpg




え、え~と、
やっぱり、拾ったものを大事にしていると、
良いことがあるっていうのは……



本当なんですね♪☆


これで大きいパンの袋なんかも、くくり放題です☆
ありがとうございます(笑)
   00:00 | Trackback:1 | Comment:0 | Top

過去ログプレイバック







とりあえず謝ってみました。





こんな4コマをブログにのせてた時もありました。
なつかしい( ̄ー ̄;)
この時期は僕自身かなり迷走しておりました(笑)
   22:02 | Trackback:0 | Comment:4 | Top

じつは地球は四角い形をしています。


少なくとも、

「地球は丸い」と僕は思っていて、

おそらく、おそらくですが、
僕が死ぬまでの間に、
学校の教科書に、
「じつは地球は四角い形をしていました」と載ることは
ないとは思うのですが、


少し前にですね、
「地は丸い」と同じくらい確信を持って「正しい」と思っていたことが、
ガラガラと音を立てて崩れるような経験をしまして、


あっ、これは、
「地球は四角い」
と教科書に載る可能性もゼロではないな……
とひとりごちたわけです。
(↑まあないでしょうけど(爆))


それはもう驚きまして……。


どれくらい驚いたのかというと、
ちょっと想像して頂きたいのですが、

「地球は丸い」
とずっと信じて生きてきたのに、

宇宙観光ツアーみたいなものがあって、
宇宙船から自分の目で初めて地球を見たときに、
「あれ? なんか地球って四角い形してない?」
ってなったら……


「ええ~!」
とそれはもう絶叫するしかないですよね?

「僕がいままで信じてきたことは、一体なんだったんだ~!!」
ってなりますよね?


ほんとそれぐらい驚く体験を
つい先日したんです。




で、今からそのことを発表しようと思うのですが、
なんか前振りが大げさすぎて、
皆様の期待値が上昇しているのをひしひしと感じます。
(自業自得(爆))



これで大したことなかったらひんしゅくものですね(汗)



でも、ここはあえてさらにハードルが上がることを承知で
書かせていただきますが、



この出来事を知ったあなたは、
きっと僕と同じように驚くだろうし、
この世界に確かなものなんて何一つないことを、
まざまざと思い知しる結果に戦慄することになるでしょう。
(あきらかに言い過ぎ)



では、さらっと書きます。



仕事でつきあいのある方(男性)の“ズボンのチャック(別名:社会の窓)”が開いていたのですよ。


皆さんはそんなときどうします?
指摘します?
それとも指摘しません?

まあ指摘するにしても、なんて指摘したらいいのかちょっと難しかったりしますよね。


ちなみに僕は指摘するタイプです(結構勇気がいりますけど)
そのことに相手が気づかなままだと気の毒ですし。


だから僕はその方にそっと耳打ちするように
「チャックがあいていますよ」
と指摘したんです。


そしたら、その方は次のように答えたのです。




「大丈夫。大丈夫。わかってるから。全部わかってるから。
ちょっと暑かっただけだから




え~とですね(汗)
これ文章だけをみたら、なんとユーモアのある返しだと思いませんか?


これだったら指摘したほうもされたほうも、
そのユーモアに救われるというか、
どちらも気まずい思いをすることない、
かぎりなく100点に近い受け答えだと僕は思います。



でもですね。
その方はですね……
目が若干マジだったのですよ(汗)


正直ですね。
冗談を言っているようには見えなかったのですよ(汗)



事実彼はそのあともチャック開けっ放しだったという(滝汗)



うん。
まあ確かにあの日暑かったしね。
ズボンのチャックを開けたくなる気持ちも……わかる……



わけないから(爆)



わからないから。
逆立ちしたってわからないから。


ちょっと待ってくれと。
それはありなのかと。


というかありとかなしとか論ずること自体あほらしいというか、
いや、閉めようよ。
一刻も早く閉めようよ。



自分突っ込みたいことが多すぎて、頭わけわからなくなってるよ。



もし本当に彼が、ただ暑いからという理由でチャックを開けていたとしたら、
これはもう、地球は実は四角かったと同じくらい強い衝撃なわけで、
新しいファションスタイルが誕生した瞬間に立ち会えた喜びを
神に感謝したいです、ほんとに(爆)



おそらく、あくまでも、おそらくですが、
あの「暑かった」という台詞は恥ずかしさのあまり、
思わず口から飛び出してしまった「言い訳」みたいなものだと思うのです。

でも、それを言ってしまったが最後、
もうあとには引けなくなり、チャックを開け続けるしかなくなった。
僕は勝手にそう推測しています。

わけのわからない男のプライドという奴ですね。
てかそうとしか考えられません(汗)



でもですよ!
例えば僕が女性だったらそれ絶対セクハラになると思うのですよ(汗)
そうでないとしても色々な意味で危険だと思うのですよ(爆)
(社会的にとか)


やっぱり常識から考えて、すぐ閉めるべきだと……



しかしここで僕は、はっとしました。
もしかして、常識に凝り固まっていたのは僕のほうではないか?
常識という鎖に縛られて、僕は大事なことを見落としていたのではないか?


だって、ズボンのチャックは閉めなくてはいけないなんて一体誰が決めたのでしょう(爆)
誰も決めてなどいません。
えたいのしれない「社会の常識」という空気がそうさせているだけです。


この先その常識が崩れないと誰が言えますか?


腰ばきズボンや、
やぶれてボロボロなジーンズが流行ったのと同じように、
チャック開けファッションがこの先流行るかもしれない。



はっ!?

ということは、
彼はもしかして、時代の最先端を突っ走っているのではないか?


そして僕は本当に、
今までの常識が壊れ新しい価値観が生まれる瞬間に立ち会っているのではないか?





チャック開けファッション誕生の瞬間。





トランクスやブリーフをおしゃれな柄にすることによって、
あえて見せていこう。チャックを開けていこう。



彼はそんな斬新なファッションに挑戦している
希代の挑戦者だったのではないだろうか。




そう思った瞬間、
「ズボンのチャック=閉めるもの」
という「地球は丸い」と同様の
絶対崩れることはないと思っていた公式が
ガタガタと音を立てて崩れたのです。


ズボンのチャックは暑かったらあけていいんだ!
むしろそういうファッションなんだ!
おしゃれなんだ!


それは、
今までの歴史上誰も考えもしなかったであろう斬新希有な発想。

まさにコペルニクス的大回転!




そして僕は確信しました。




キムタクが、
もこみちが、
山Pが、
ブラピが、
チャック開けファッションをする日も近い……











なんてことを思うわけ
     ないでしょうが~!!








ほんと勘弁して下さい(汗)


合掌。











結局ひんしゅくものの記事でした(爆)
ひ~(汗)
   23:42 | Trackback:0 | Comment:10 | Top

夢を描き……

今日はちょっと絵を描く気分ではないので、
いつもと趣向を変えて、
絵日記ブログにする前に僕が書いていた
記事の一つを再アップしたいと思います。

たまにはこういうのも
いいですよね( ̄ー ̄)







夢を想い、
夢を描き、
夢なんて叶って当たり前って決め込んで……

card000.jpg

   00:00 | Trackback:0 | Comment:16 | Top
 
 
プロフィール

おーるっち

Author:おーるっち
国籍:日本
住所:東京
性別:♂

見たもの感じたものを気の向くままに絵日記にしていきます。
更新は超スローペースでまったり。
ちなみに上の画像は犬っぽいけど猫です。誰がなんと言おうと猫。うん。きっと猫。犬っぽい猫。というか犬。じゃなくて猫。
もうどっちでもいいや~(爆)

ご注意
※当ブログの画像や文章の無断転載・転用などはご遠慮くださいますようよろしくお願いします。
メールはこちらからどうぞ
お名前は、HNやPNでもOKです。 返信が必要な方はメールアドレスを忘れずにお願いしますm(_ _)m
カレンダー(月別)
01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のトラックバック
ブログ内検索
 
カテゴリー
最近のコメント
LINK
RSSフィード
Amazon検索
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。